偏差値を考えて福岡の医学部の予備校に行くことにしました

浪人覚悟で医学部を目指す

医学部 予備校 福岡医学部予備校PMD

自分の偏差値を考えて福岡医学部予備校に行くことにしました。
大学のレベルを落とせば他の選択もいろいろとあるかもしれませんでしたが、自分は医学部で国立のいいところに行きたかったので、今の偏差値で行ける予備校に行くことにしました。
浪人しても医学部に入るのであれば、全く問題はないという事を先輩たちから聞いていたからです。
両親は予備校に行くことにはかなり反対をしていましたが、最終的にその方がいいだろうという事を言ってくれました。
今は大学に普通にいってもあまり意味はないという事をかなり力説したのでようやく最後には分かってくれたかんじです。
今の自分の偏差値なら、理学部や工学部など医学部以外のところであれば、だいたいどこの国立大学でも行ける感じはありましたが、それでは意味ないほとんどないという事を大学を出て社会人になっている先輩たちから多く聞いています。
医者になっているような人からは浪人生活が数年でも医者になってしまえば、そんなことは全く問題にもされないという事を聞いていますし、それならやはり、予備校に行ってでも自分のレベルを上げることが大切だろうという事を感じました。

浪人覚悟で医学部を目指す真剣に勉強する楽しさ医者を志すには大学選びが重要