偏差値を考えて福岡の医学部の予備校に行くことにしました

真剣に勉強する楽しさ

医学部 予備校 福岡 | 医学部予備校PMD

浪人覚悟で医学部を目指す真剣に勉強する楽しさ医者を志すには大学選びが重要

医者になるにあたっては、確かに大学に入ってからも大変なことはありますが、真剣に授業に出てやるべきことをやっていれば、特に才能云々というような事で壁にあたるような事もないだろうという事も聞いています。
大学に入った時の努力に比較すれば、ある程度レールが敷かれている医者への道というのは、そんなに険しいものではないという事は言っておられました。
勿論、楽になれるという意味ではありませんが、一番の関門は有名大学の医学部に入るということだろうという事でした。
ここで基本的に線引きがなされていて、後はそのレールから落ちないように気を付けることだけが注意点という感じで言っておられました。
医師の勉強は確かに難しいこともかなりあるわけども、新しい事を開発するというような事ではなく、既にある技術や知識を身に着けていくだけのことなので、特に才能で出来る出来ないが分かれるような事ではなく、やるかやらないかだけで分かれていくものなので、やる人ならべつに誰でも出来るようになるという事でした。
予備校はそんなに辛いものでもないということも聞いていました。
真剣に勉強しているからといって辛い事ばかりではなく、ある意味では真剣にしているからこそ楽しいことも多いという事も聞いています。
真剣に勉強をしていると、周りに競争をする仲間も出来て、そうした人たちと競い合うのも楽しいものがあるという事です。
何も目標なしに大学に行っているような人と比較すると生活の充実感は半端なものではないという事も分かりました。

本日、「PMD医学部専門予備校 福岡」では恒例の“球技大会”が開催されました。


今年は“バスケットボール”を行いましたが、みんな汗だくになりながらも、楽しんでいるいる様子が伺えて良かったです。
... https://t.co/tAuiLaWiF0

— PMD医学部専門予備校 福岡 (@pmdfukuoka) 2016年5月26日